【深川①062】深川扇橋町

町番号:深川①062

町名:深川扇橋町 一・二丁目

読み方:ふかがわおうぎばしまち Fukagawa-Ōgibashimachi

区分:町丁

起立:寛永年間(1624~1645年)

廃止:1932(昭和7)年

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「深川」

現町名:江東区白河四丁目、三好四丁目、平野四丁目

概要:葛飾郡西葛西領深川町分郷六間堀のうち(備考)。切絵図では小名木川の南で扇橋際に3ヶ所記されている他、南に1ヶ所記されている。江戸初期には海辺新田のうちで、寛永年間(1624~1645年)から百姓町屋が設けられた。町名は1695(元禄8)年以降に開削された大横川(俗に「亥の堀」という)に架かる扇橋に由来する。1713(正徳3)年、町奉行支配となる。南方の町屋は「下組」と俗称(備考)。化政期(1804~1830年)の家数101軒(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1870(明治3)年、亥の堀川(大横川)以東が深川東扇橋町として分離独立。1871(明治4)年、横川西岸の残地に深川源左衛門屋敷、深川清住町深川海辺大工町代地町、深川猿江町代地、北本所代地町、八右衛門新田飛地、南本所扇橋代地町深川島崎町続町を合併し、深川扇橋町一・二丁目となる。横川東岸の南北に細長い地域。1872(明治5)年の戸数114・人口508。物産に筆、箱火鉢、醤油があった(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府深川区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市深川区に所属。

1932(昭和7)年、帝都復興計画の一環により、一丁目は白河町四丁目、三好町四丁目に、二丁目は三好町四丁目、平野町四丁目に編入となり消滅。一丁目は現行の白河四丁目、三好四丁目、二丁目は現行の三好四丁目、平野四丁目のうち。

撮影場所:深川扇橋町一丁目

撮影地:江東区白河四丁目5番(大横川 扇橋西詰南側)

←061深川平久町 063深川越中島町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目