【南豊島】柏木淀橋町

町名:柏木淀橋町

読み方:かしわぎよどばしまち Kashiwagi-Yodobashimachi

区分:町丁→字

起立:延享年間(1744~1747年)

廃止:1932(昭和7)年9月30日 「淀橋姿」として

冠称:「柏木」

現町名:新宿区北新宿二丁目

概要:古くは豊島郡柏木村に属し、江戸期に青梅街道北側沿いに開けた町屋で、延享年間(1744~1747年)に町奉行支配となり、「柏木淀橋町」と称した。街道南側は角筈村字淀橋。町名は町域西部を流れる神田上水に架かる淀橋に因む(備考)が、淀橋の名は『和名抄』の武蔵国豊島郡余戸郷が当地にあたる(武蔵志料)とも、当地が柏木村・中野村・角筈村・本郷村の4村の境なので「四所橋」といったのが転訛したとも、当地の様子が山城国の淀に似ていることによるともいう。1828(文政11)年の家数75軒(町方書上)。幕末には柏木村字淀橋町となったが、その年代は不詳。

明治初年に武蔵知県事管轄地所属。明治2年2月9日(1869年3月21日)、品川県豊島郡に所属。明治4年12月5日(1872年1月14日)、東京府豊島郡に所属。

1878(明治11)年11月2日、東京府豊島郡のうち12町25村の区域をもって東京府南豊島郡が発足。東京府南豊島郡柏木村の字淀橋姿となる(「淀橋姿」で「よどばし」と読む)。1889(明治22)年5月1日、東京府南豊島郡柏木村、角筈村、内藤新宿添地町の一部が合併し、淀橋町成立。東京府南豊島郡淀橋町大字柏木字淀橋姿となる。1896(明治29)年4月1日、東京府豊多摩郡が成立し、東京府豊多摩郡淀橋町大字柏木字淀橋姿となる。

1932(昭和7)年10月1日、東京府東京市淀橋区発足。その際、字新堀、字亀窪とともに柏木二丁目に編入となり消滅。

撮影場所:柏木淀橋町

撮影地:新宿区北新宿二丁目22番(神田川 淀橋西詰北側)

柏木成子町 大町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼