【北豊島】高田四ツ家下町(高田四ツ家下モ町)

町名:高田四ツ家下町(高田四ツ家下モ町)

読み方:たかだよつやしもちょう Takada-Yotsuya-Shimochō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年6月

冠称:「高田」

後身:高田老松町

現町名:豊島区雑司が谷二丁目、高田二丁目

概要:高田老松町の古名。武蔵国豊島郡野方領のうち。高田四ツ家町の一部が1702(元禄15)年、芳心院領となり、1745(延享2)年から町奉行支配となる(備考)。化政期(1804~1830年)の家数3軒(町方書上)。『大江戸今昔めぐり』には「高田四家下町芳心院領」とある。

明治元年11月5日(1868年12月18日)又は明治元年11月14日(1871年12月25日)、東京府豊島郡に所属。1869(明治2)年6月、「高田老松町」と改称して消滅。

撮影場所:高田四ツ家下町(高田四ツ家下モ町)

撮影地:豊島区雑司が谷二丁目2番1号(リバーシティ目白 市川歯科医院)

高田老松町 高田下四ツ家町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目