【神田②】神田浜松町

町名:神田浜松町

読み方:かんだはままつちょう Kanda-Hamamatsuchō

区分:町丁

起立:享保年間(1716~1735年)か文化年間(1804~1818年)以後

廃止:1869(明治2)年

冠称:「神田」

後身:岩本町

現町名:千代田区岩本町三丁目2・3、10番の岩本町交差点の真ん中より南(道の中)

概要:和泉橋内南方、岩本町東側にあった。元武家地で芝浜松町一丁目の代地ではじめは「神田浜松町代地」といったらしい。いつ頃「代地」が取れたかは不明。時代によって違うが、東は神田富山町二丁目代地、西は岩本町代地。南は神田松枝町。文化年間以後(1804~1818年)にできた町地とも言われる。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、岩本町に編入となり消滅。現在は靖国通りの岩本町交差点付近(道の中)、岩本町三丁目3番5号に建つSH秋葉原ビルの北側。

撮影場所:神田浜松町

撮影地:千代田区岩本町三丁目3番5号(SH秋葉原ビル地先)

馬喰町上寺町 神代町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目