【神田②】横番匠町

町名:横番匠町

読み方:よこばんじょうまち又はよこばんじょうちょう若しくはよこばんしょうまち或いはよこばんしょうちょう Yoko-Banjōmachi or Yoko-Banjōchō or Yoko-Banshōmachi or Yoko-Banshōchō

区分:町丁

起立:寛永年間(1624~1645年)か

廃止:元文年間(1736~1740年)か

冠称:なし

後身:白壁町

現町名:千代田区鍛冶町二丁目、神田鍛冶町三丁目

概要:白壁町の古名。寛永江戸図では「横番匠町」とあり、『元文町鑑』から「白壁町」の名が見える。「番匠」とは中世日本において木造建築に関わった建築工のことで、「木工(杢)」とも呼ばれ、今日の大工の前身にあたる。後の白壁町は、番匠たちの居住区であったと考えられる。後の神田大工町とは南に接した。

撮影場所:横番匠町

撮影地:千代田区鍛冶町二丁目13番22号(上白壁橋通り東側)

白壁町 新紺屋町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目