【神田②】白壁町

町名:白壁町

読み方:しろかべちょう Shirokabechō

区分:俗称→町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:なし

後身:神田下白壁町神田上白壁町

現町名:千代田区鍛冶町二丁目、神田鍛冶町三丁目

概要:寛永江戸図では「横番匠町」とあり、『元文町鑑』から「白壁町」の名が見える。町名は棟梁安間源太夫をはじめ、左官職が多く居住していたことに因む。江戸の国役左官366人が毎年賃銀2匁ずつ安間作蔵に納めていた(東京地理志料)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、神田下白壁町神田上白壁町に分裂し消滅。現行の鍛冶町二丁目、神田鍛冶町三丁目のうち。

撮影場所:白壁町

撮影地:千代田区鍛冶町二丁目13番22号(上白壁橋通り東側)

神田東鍋町 横番匠町


江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目