【神田②】一ツ橋通小川丁

町名:一ツ橋通小川丁

読み方:ひとつばしどおりおがわまち Hitotsubashidōri-Ogawamachi

区分:俗称

起立:江戸期

廃止:不明

冠称:なし

現町名:千代田区一ツ橋二丁目、神田錦町三丁目、神田神保町一・二丁目

概要:『飯田町駿河臺小川町繪圖』に「一ツ橋小川丁」とある。『大江戸今昔めぐり』には「小川町一橋通」とある。現在のほぼ白山通り。詳細は一ツ橋通町を参照のこと。「小川町」はもともと神田西部の俗称で、かなり広い範囲を指した。なお、神田地区ではない元飯田町の方までをも含んでいたようだ。

撮影場所:一ツ橋通小川丁

撮影地:千代田区一ツ橋二丁目2番1号(共立女子中学高等学校 共立講堂)

神田材木町 雉子橋通小川丁


江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿