【日本橋②】住吉町裏河岸

町名:住吉町裏河岸

読み方:すみよしちょううらがし Sumiyoshichō-Ura-Gashi

区分:河岸(町丁扱い)

起立:江戸期

廃止:1871(明治4)年

冠称:なし

後身:住吉町

現町名:中央区日本橋人形町二丁目

概要:嘗て元吉原の外堀であった浜町川から入った入堀に面し、東西に細長い区域であった。竈屋が多かったので河岸地は「竈河岸」と称されていた。安政板切絵図には河岸に「ふいかふ稲荷」と記されている。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1871(明治4)年までに住吉町に編入となり消滅。現行の日本橋人形町二丁目のうち。

撮影場所:住吉町裏河岸

撮影地:中央区日本橋人形町二丁目7番13号(喜寿司)

堀江六軒町 難波町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼