【芝②】芝金杉片町

町名:芝金杉片町

読み方:しばかなすぎかたまち Shiba-Kanasugi-Katamachi

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「芝」

後身:芝金杉仲町

現町名:港区芝一丁目9、12番の東側辺り

概要:片側町で、道路と大溝を隔てて因幡鳥取藩池田氏下屋敷に対していた。金杉諸町と起原は同じで、1662(寛文2)年に町奉行・代官の両支配となる。1827(文政10)年の総家数100軒、うち家持4・家守9・地借4・店借83(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、芝金杉裏(金杉裏町)二~四丁目、金杉裏三丁目経覚寺門前と合併し、起立となった芝金杉仲町に編入となり消滅。現行の芝一丁目9、12番の東側辺り。

※『角川日本地名大辞典』では「現行の芝1丁目9・12番の西側あたり」とあるが、「東側」が正しい。

撮影場所:芝金杉片町

撮影地:港区芝一丁目12番9号(湯山春峰堂)

仲町 芝金杉仲町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町