【芝②】白金報恩寺門前町

町名: 白金報恩寺門前町

読み方:しろかねほうおんじもんぜんちょう Shirokane-Hōonji-Monzenchō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1868(慶応4)年

冠称:「白金」

後身:白金錦町

現町名:港区白金二丁目1番4・5号

概要:報恩寺境内のうち122坪に、寛文年中(1661~1673年)百姓家が建ち始めたが、次第に明地となって、1697(元禄10)年の検地に除地とされた。1701(元禄14)年に百姓が商売家を建てることを許され、1745(延享2)年12月に町奉行支配となった。1828(文政11)年の総家数は7軒、うち地主3、地借1、店借3(町方書上)。

1868(慶応4)年、白金神明社地門前町と合併し、「白金氷川社門前」と改称して消滅。後身は1869(明治2)年、白金錦町に編入となり消滅。現行の白金二丁目1番4・5号。

撮影場所:白金報恩寺門前町

撮影地:港区白金二丁目1番5号(このむ 三光坂下)

白金神明社地門前町 白金三鈷坂下町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町