【麻布②】麻布坂江町

町名:麻布坂江町

読み方:あざぶさかえちょう Azabu-Sakaechō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「麻布」

後身:麻布市兵衛町

現町名:港区六本木三丁目

概要:麻布市兵衛町の東側、飯倉片町の北側に位置した。1696(元禄9)年、内藤宿に拝領町屋を持っていた留守居番同心の者たちが移ってきた所で、当初は大縄地であった。化政期(1804~1830年)の総家数67軒(町方書上)。当町も含め、一帯を「市兵衛町」と総称した(町方書上、切絵図)。1828(文政11)年の家数67軒、うち地主14・家主10・地借4・店借53(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、麻布市兵衛町に編入となり消滅。現行の六本木三丁目の一部。

撮影場所:麻布坂江町

撮影地:港区六本木三丁目3番11号(ENEOS CIAROSS田中燃料)

今井台町 北裏町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目