【麻布②】麻布湖雲寺門前町

町名:麻布湖雲寺門前町

読み方:あざぶこうんじもんぜんちょう Azabu-Kounji-Monzenchō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「麻布」

後身:麻布谷町

現町名:港区六本木四丁目1番1〜3号先

概要:『今井谷六本木赤坂繪圖』では町名に「町」が付いているが、『角川日本地名大辞典』では付いていない。曹洞宗祥永山湖雲寺は1600(慶長5)年、四谷仲殿町(四谷仲殿町は2箇所あり、そのどちらであるかは不明)に開創、開山青松寺9世麟曹。1695(元禄8)年、麻布谷町の替地へ移転した。門前町屋は開創のときからあり、移転後も従前どおり町家作を許された。1827(文政10)年の総家数は54軒、うち家主10・地借2・店借42。1745(延享2)年、寺社奉行支配から町奉行支配となった。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、麻布谷町に編入となり消滅。現在の六本木四丁目1番1~3号先の路上にあたる。

撮影場所:麻布湖雲寺門前町

撮影地:港区六本木四丁目1番1号(黒崎ビル2脇)

麻布東今井町 麻布御簞笥町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼