【麻布②】麻布十番馬場町

町名:麻布十番馬場町

読み方:あざぶじゅうばんばばちょう Azabu-Jūban-Babachō 

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「麻布」

後身:麻布新網町

現町名:港区麻布十番一丁目2番南部の一部、東麻布三丁目6・7番のそれぞれ東部

概要:十番馬場の東西にあった。はじめ冠称は付いていなかったようだ。1654(承応3)年、芝西応寺町際の新馬場が1729(享保14)年に竹姫の守殿の用地に召し上げられたため、新堀の屈曲部北方に移転し、里俗称の「十番」を付して「十番馬場」と称した。のち拝借地の東端に町屋ができ、「麻布十番馬場町」と称した(備考)。

化政期(1804~1830年)の家数10軒、うち家主4・地借6(町方書上)。馬市が立てられた所で浅草の藪の内での南部駒の市に対し、ここでは11~12月に3度、仙台駒の市が立った。浪人馬工郎7人の拝借地だった(砂子)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、麻布新網町に編入となり消滅。

撮影場所:麻布十番馬場町

撮影地:港区東麻布三丁目7番8号(イイダアネックス麻布十番 Bistro Chick)

十番中甼 飯倉六本木町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町