【麻布②】麻布龍土坂口町

町名:麻布龍土坂口町

読み方:あざぶりゅうどさかぐちちょう Azabu-Ryūdo-Sakaguchichō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「麻布」+「龍土」

後身:麻布六本木町

現町名:港区六本木六丁目

概要:もとは龍土町のうち。飯倉六本木町続き芋洗坂を日ケ窪に下った所に位置したことからこの名称が付いた。1713(正徳3)年、町奉行支配となる(備考)。化政期(1804~1830年)の家数12軒、家持2・店借10(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、麻布六本木町に編入となり消滅。現行の六本木六丁目1番のうち。

※『角川日本地名大辞典』には「現行の六本木6~7丁目のうち」とある。

撮影場所:麻布龍土坂口町

撮影地:港区六本木六丁目1番24号(ラピロス六本木 ファミリーマート地下鉄六本木駅店)

飯倉六本木町 麻布龍土六本木町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿