【浅草②】浅草瓦町続横町

町名:浅草瓦町続横町

読み方:あさくさかわらまちつづきよこちょう Asakusa-Kawaramachi-Tsuzuki-Yokochō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年4月

冠称:「浅草」

後身:浅草瓦町

現町名:台東区柳橋一丁目

概要:はじめ大和郡山藩柳沢家の上屋敷のうち。後に西丸表六尺寄合医師・目黒駒場薬草方植村左源太等の所領屋敷となり、貞享年間(1684~1688年)に町屋となる。町名は浅草瓦町の東側に隣接していたことによる(備考)。化政期(1804~1830年)の家数26軒(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年4月、浅草瓦町に編入となり消滅。

※『角川日本地名大辞典』では「現行の柳橋二丁目4・5番」とあるが、柳橋一丁目24番が正しい。

撮影場所:浅草瓦町続横町

撮影地:台東区柳橋一丁目24番1号(原齒科醫院)

材木丁 浅草末永町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町