【浅草②】浅草宮戸町

町名:浅草宮戸町

読み方:あさくさみやこちょう Asakusa-Miyakochō

区分:町丁

起立:1872(明治5)年

廃止:1873(明治6)年

冠称:「浅草」

後身:浅草馬道町一・二丁目

現町名:台東区浅草一丁目

概要:1872(明治5)年、雷神門内の浅草寺の門前町で、通称を「南谷」といった地。成立の際、浅草寺の子院9ヶ寺を併合し、隅田川の別称である宮戸川(みやとがわ)の名を採って町名とした(町名は「みやこ」)。当時の戸数547・人口2,171(府志料)。しかし翌1873(明治6)年には通称の「浅草寺中借地町屋」の方が定着してしまい、自然消滅。1877(明治10)年、浅草馬道町一・二丁目のそれぞれに編入となった。現行の浅草一丁目の一部で、雷門を入って仲見世が建ち並ぶ西裏側。

撮影場所:浅草宮戸町

撮影地:台東区浅草一丁目3番2号(常盤堂雷おこし本舗)

浅草寺境内畑町 浅草南馬道町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿