【四谷 横町(横丁)】塩原横町

横町(横丁)名:塩原横町

読み方:しおばらよこちょう Shiobara-yokochō

区分:横町(横丁)

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:新宿区四谷三丁目、須賀町、左門町

概要:『江戸切繪圖 : 俚俗 : 四谷御門外・伝馬町辺』に「●忍原横丁○又ハ塩原横丁、忍町横丁」とある。忍原横町の別だが、1765(明和2)年、薪炭商の山口屋善右衛門の手代だった塩原多助が20両を寄付し、この横丁の道普請をしたということで「塩原横町」とも呼ばれる。なお、多助は本所の竪川にも私費で橋を架けた(本所相生町を参照のこと)。

撮影場所:塩原横町

撮影地:新宿区左門町1番地(魚竹・八百竹)

忍原横町 忍町横町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目