【京橋 河岸】大河岸

河岸名:大河岸

読み方:おおがし Ō-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:中央区銀座五丁目

概要:外濠の河岸。『江戸切繪圖 : 俚俗 : 京橋・南芝口迄』の元数寄屋町一・二丁目の北数寄屋橋辺に「○大河岸」とある。数寄屋橋に因んで「数寄屋河岸」ともいった。

『字集覧』に「大河岸。京橋元数寄屋町」とある。外濠端の俗称の1つで、『府志料』の有楽原の項に「数寄屋橋外より元数寄屋町二丁目、三丁目の辺を云う。慶長年間(1596~1615年)織田有楽斎の邸に給わり、後明治になり(中略)今は悉く市廛となる。里俗堀端通りを大河岸と云う」とある。

撮影場所:大河岸

撮影地:中央区銀座五丁目1番1号(中央区立数寄屋橋公園)

紺屋河岸 数寄屋河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼