【神田】青物三か町

町名:青物三か町

区分:総称

起立:江戸期

廃止:不明

冠称:なし

現町名:千代田区神田須田町一丁目、内神田二・三丁目、神田多町二丁目

概要:連雀町は、永富町や慶長年間(1596~1615年)頃に名主の河津五郎大夫が野菜市を開いた神田多町(府志料)とともに「青物三か町」と呼ばれ、青物市場の一部となり、幕府御用も勤めた。

撮影場所:青物三か町

撮影地:千代田区神田須田町一丁目3番6号(鷹岡東京支店営業第1部)

通町(中央通り 須田町・連雀町~南乗物町) →下谷御成町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿