【芝 小路】佐久間小路

小路名:佐久間小路

読み方:さくまこうじ Sakuma-kōji

区分:小路

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:港区新橋二・三丁目 

概要:『江戸切繪圖 : 俚俗 : 芝口南・愛宕下』の日蔭町通りから稲荷小路に入り、広小路(佐久間小路愛宕下大名小路)を越えた道に「○佐久間小路 お化横丁ト云」とある。「佐久間小路」は愛宕下通(愛宕下広小路)との交差点までをいったが、別称はどこまでをいったのかは不明。

佐久間備中の屋敷前をいう(江戸鹿子・江戸図鑑綱目・惣鹿子・日本国花万葉記)。年代は不明だが、佐久間という屋敷があったのでこの称がある(町方書上)。藪小路の東続き。『江戸集覧』には「慶長(1596~1615年)の頃、この小路の南の角 佐久間不閑、横小路西へ3軒目 佐久間日向、北側2軒目 佐久間松千代、3軒目の西角 佐久間大膳亮と5人(ママ)の佐久間家の屋敷がある」と記す。延宝8年安見図には道の北側に佐久間備中守だけを載せている(備考)。『角川日本地名大辞典』では「現行の西新橋一丁目16~24番と西新橋二丁目1~7番の間の道」とあるが、新橋三丁目交番前交差点から西をいう。

撮影場所:佐久間小路

撮影地:港区新橋二丁目14番6号(ローソン新橋烏森通店)

藪小路

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町