【神田①016】神田佐久間町

町番号:神田①016

町名:神田佐久間町 一~四丁目

読み方:かんださくまちょう Kanda-Sakumachō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:存続

冠称:1911(明治44)年5月1日~1947(昭和22)年3月14日を除き「神田」

現町名:千代田区外神田一丁目、神田佐久間町一~四丁目

概要:神田川北岸、筋違橋と新シ橋(現・美倉橋)の間に位置する。本材木町の材木商人が延宝年間(1673~1681年)に起立したと伝え、材木商佐久間平八の姓に由来するというが、未詳(府志料・備考)。

火災の多い町で「悪魔町」と渾名された。享保年間(1716~1735年)以前の江戸図では神田川沿いに西から一~四丁目が整然と並んでいるが、1721(享保6)年の大火以降は麹町平河町の代地(後の神田平河町)等や武家地が入り組み、一~三丁目、四丁目元地、四丁目残地、四丁目裏地、四丁目横丁の7か町が散在する形となった。一丁目は材木商が集住したために「神田材木町」とも俗称された(二丁目も材木・薪炭商が多かった)。四丁目横丁の東には1744(延享元)年から1753(宝暦3)年まで天文台が置かれ、1765(明和2)年には幕府奥医師・多紀元孝が学校躋寿館(1791(寛政3)年、「医学館」と改称)を創設(備考・東京地理志料)。化政期(1804~1830年)の家数446(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)~1872(明治5)年に神田柳屋敷、神田久永屋敷、神田富松町元地の3町と上野安中藩板倉氏、出羽久保田藩佐竹氏上屋敷他の武家地を合併、神田佐久間町一~四丁目と改編。1872(明治5)年の戸数516・人口2,063。物産は筆、桐油合羽、鼈甲櫛、笄、簪、桶等。

1878(明治11)年11月2日、東京府神田区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市神田区に所属。明治30年代の町内には、神田代用大橋小学校・同史雲小学校があり、材木商、薪炭業者、米穀商が多く、また明覚道了大菩薩の像を安置する道了堂、大黒天を祀る国典会堂、板倉氏屋敷内の草分稲荷社等があった(画報)。1943(昭和18)年7月1日、東京都神田区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都千代田区に所属。それに伴い、現行の神田佐久間町一~四丁目となる。

撮影場所:神田佐久間町一丁目

撮影地: 千代田区神田佐久間町一丁目19番地(神田川入堀 佐久間橋、千代田区立秋葉原公園)

←015神田久右衛門町 017神田元佐久間町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿