【神田①106】鞍地河岸

町番号:神田①106

町名:鞍地河岸

読み方:くらちがし Kurachi-Gashi

区分:河岸→河岸(町丁扱い)

起立:1824(文政7)年頃

廃止:1934(昭和9)年

冠称:なし

現町名:千代田区東神田三丁目1番

概要:江戸期から神田川沿いにあった河岸名で神田川左岸新シ橋~区境。東神田三丁目は昔の神田元久右衛門町一・二丁目であった。『案内』に「元和二年久右衛門なるもの始めて市店を開き、因て町名となし二箇町に区分せり。享保三年の火災後用地となり、代地を内神田に給せられて久右衛門町代地といい、翌年土人請うて用地中を借り、倉地を営して久右衛門(町)蔵地(のちの神田元久右衛門町)と呼び、文政七年又神田河岸の地を借りて河岸地と呼べり」とある。久右衛門町蔵地の河岸であるから、本来の意味は蔵地又は倉地であろう。

1824(文政7)年頃から俗称されていた。また、前述にあるとおり、「久右衛門河岸」ともいわれた。

正式な起立は恐らく東京市が市制施行された1889(明治22)年5月1日で、同日東京府東京市神田区に所属ではないかと思われる。

1934(昭和9)年、帝都復興計画の一環により、神田元久右衛門町一・二丁目にそれぞれ編入となり消滅。

撮影場所:鞍地河岸

撮影地:千代田区東神田三丁目1番(千代田区立左衛門橋北児童遊園)

←105佐久間河岸 107岩井河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿