【日本橋①046】大伝馬塩町

町番号:日本橋①046

町名:大伝馬塩町

読み方:おおでんましおちょう Ōdemma-Shiochō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1932(昭和7)年

冠称:なし

現町名:中央区日本橋本町四丁目

概要:1859(安政6)年再板の切絵図によると、北は竜閑川、南は鉄砲町に隣接していた。元は大伝馬町に属す。町名は塩問屋が多かったことに因む。寛永江戸図には「しり縄町」とあるが、当町の者が隣接の小伝馬町牢屋敷の人夫を務めたことによる(画報)。他に「しん縄町」とも呼ばれた。また、馬に野菜を積んでくる近郷の者が塩を積んで帰ったので「岡附塩町」の俗称があった(備考)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数163・人口531(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府日本橋区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市日本橋区に所属。

1932(昭和7)年、帝都復興計画の一環により、本町四丁目に編入となり消滅。現行の日本橋本町四丁目のうち、昭和通りの東側。

撮影場所:大伝馬塩町

撮影地:中央区日本橋本町四丁目14番2号(日本橋本町郵便局)

←045亀島町 047小伝馬町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼