【京橋①058】明石町

町番号:京橋①058

町名:明石町

読み方:あかしちょう Akashichō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1868(明治元)年

復活:1873(明治6)年

廃止:存続

冠称:なし

現町名:中央区明石町

概要:町名は播磨明石の漁師が移住したためとも、佃島を淡路島に見たて、明石の浦に似た風景であったためともいわれる(案内)。江戸期には明石橋東詰の小さな区域であり、周辺には幕府御用医師半井卜養の拝領屋敷(江戸名所)、豊前中津藩奥平氏中屋敷等があり、一時播磨赤穂藩浅野氏の上屋敷があった。奥平氏中屋敷は前野良沢らにより『解体新書』が翻訳され、また福沢諭吉により蘭学塾が開かれたところで、蘭学発祥の地。

1868(明治元)年、築地外国人居留地となって町名は一時抹消された。1869(明治2)年、居留地内の運上所(現在の明石町14番地)と横浜裁判所との間で初めて電信が交わされ、また教会やミッションスクール等が開設された。1873(明治6)年、旧・明石町十軒町船松町二丁目の区域を改めて「明石町」とする。

1878(明治11)年11月2日、東京府京橋区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市京橋区に所属。1899(明治32)年、外国人居留地の廃止に伴い、入船町七・八丁目、新栄町六・七丁目、新湊町六・七丁目を編入。1900(明治33)年、宣教師により聖路加国際病院が創立されるなど、後々まで旧居留地の異国情緒が残り、その情景は鏑木清方『築地明石町』に描かれている。

1932(昭和7)年、帝都復興計画の一環により、入船町六丁目の一部を編入。1943(昭和18)年7月1日、東京都京橋区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都中央区に所属。

1966(昭和41)年7月1日、住居表示の実施により、入船町三丁目の一部を編入、現在に至る。

撮影場所:明石町

撮影地:中央区明石町9番1号(聖路加国際病院)

←057船松町 059築地

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿