【芝①041】芝湊町

町番号:芝①041

町名:芝湊町

読み方:しばみなとちょう Shiba-Minatochō

区分:町丁

起立:宝永年間(1704~1710年)頃

廃止:1936(昭和11)年

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「芝」

現町名:港区浜松町二丁目、海岸一丁目

概要:金杉橋の東側に位置する。1667(寛文7)年、新網町のうちに堤防が築かれ、1696(元禄9)年に取り払われて以後は坊主衆の拝領屋敷となり、「芝新同朋町」と称していた。1707(宝永4)年に召し上げられ、松平美濃守の屋敷となったが、1709(宝永6)年に取り払われ、再び坊主衆の拝領屋敷となった(備考)。町名は海浜に接していたことに因み、宝永年間(1704~1710年)頃から「芝湊町」と称した。また、町内を「潮尻」と俗称した(備考)。化政期(1804~1830年)の家数28軒、家守10・地借4・店借14(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数34・人口162(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市芝区に所属。

帝都復興計画の一環により、1932(昭和7)年12月1日に一部が浜松町四丁目に、1936(昭和11)年に残部が海岸通一丁目に編入となり消滅。現行の浜松町二丁目、海岸一丁目のうち。

撮影場所:芝湊町

撮影地:港区浜松町二丁目13番10号(グルメ杵屋東京支社)

←040芝新網町 042芝浜崎町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町