【芝①044】芝三島町

町番号:芝①044

町名:芝三島町

読み方:しばみしまちょう Shiba-Mishimachō

区分:町丁

起立:延宝年間(1673~1681年)

廃止:1971(昭和46)年12月31日

冠称:1911(明治44)年5月1日~1947(昭和22)年3月14日を除き「芝」

現町名:港区芝大門一丁目

概要:宇田川町神明町の西北に位置する。1641(寛永18)年、芝増上寺の門前地となり、その後に町名が付された。町名はもと肥前佐賀藩鍋島氏、豊後森藩久留島氏、陸奥福島藩の3邸があったことによる。延宝年間(1673~1681年)、町屋となる。俗に「神明前」と称した(砂子、備考)。1828(文政11)年の家数109軒、うち家持3・家守6・地借46・店借44(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数77・人口310、物産は錦絵絵双紙、西洋服(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市芝区に所属。1943(昭和18)年7月1日、東京都芝区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都港区に所属。

1972(昭和47)年1月1日、住居表示の実施により、現行の芝大門一丁目に編入となり消滅。

撮影場所:芝三島町

撮影地:港区芝大門一丁目2番7号(相鉄フレッサイン浜松町大門)

←043芝栄町 045芝宮本町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿