【赤坂①010】赤坂氷川町

町番号:赤坂①010

町名:赤坂氷川町

読み方:あかさかひかわちょう Akasaka-Hikawachō

区分:町丁

起立:1869(明治2)年

廃止:1966(昭和41)年6月30日

冠称:1911(明治44)年5月1日~1947(昭和22)年3月14日を除き「赤坂」

現町名:港区赤坂六丁目5・6、8~10、18・19番

概要:江戸時代には一ツ木町飛地の他、盛徳寺、赤坂氷川神社等の寺社地、氷川門前、氷川社僧屋敷、大名・幕臣等の屋敷地。旧氷川小学校(サンサン赤坂)の敷地は元禄の頃(1688~1704年)には赤穂藩浅野家の屋敷だったが、1701(元禄14)年に藩主浅野長矩が江戸城松之廊下で刃傷沙汰を起こしたため召し上げとなった。またその東部には浅野長矩夫人遥泉院の実家である三次藩浅野家の屋敷があった。跡地に1729(享保14)年、古呂故が丘(現在の赤坂四丁目)から赤坂氷川神社が移転している。

1869(明治2)年、一ツ木町飛地、赤坂氷川門前(赤坂氷川門前町)、赤坂氷川社僧屋敷(赤坂氷川社家町家)を合併して起立。1872(明治5)年には武家地と氷川社地、寺地を合併。同年の戸数79・人口308(府志料)。旧氷川小学校の所が勝海舟邸だったことは有名。

1878(明治11)年11月2日、東京府赤坂区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市赤坂区に所属。1908(明治41)年の世帯数247・人口1,109。1925(大正14)年の世帯数320・人口1,462。1943(昭和18)年7月1日、東京都赤坂区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都港区に所属。

1966(昭和41)年7月1日、住居表示の実施により、赤坂六丁目に編入となり消滅。現行の赤坂六丁目5・6、8~10、18・19番。

撮影場所:赤坂氷川町

撮影地:港区赤坂六丁目10番12号(赤坂氷川神社)

←009赤坂丹後町 011赤坂台町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿