【本所①013】本所長岡町

町番号:本所①013

町名:本所長岡町

読み方:ほんじょながおかちょう Honjo-Nagaokachō

区分:町丁

起立:1696(元禄9)年

廃止:1930(昭和5)年

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「本所」

現町名:墨田区石原四丁目、亀沢四丁目

概要:1696(元禄9)年に本所南割下水北方の空閑地が御掃除組衆66人拝領の町屋敷となり、「本所長岡町」として起立(備考)。場所は限定できないが、この本所南割下水(北斎通り)が「本所七不思議」の『消えずの行灯(燈無蕎麦)』の舞台である。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、一・二丁目の丁目を廃止した。1872(明治5)年、元尾張名古屋藩主徳川家宜邸他の武家地を合併。同年の戸数121・人口522(府志料)。幕末、新徴組の役屋敷があった(画報)。

1878(明治11)年11月2日、東京府本所区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市本所区に所属。

1929(昭和4)~1930(昭和5)年、帝都復興計画の一環により、石原町四丁目、亀沢町四丁目に編入となり消滅。現行の石原四丁目、亀沢四丁目のうち。

町の南端には北斎通りが走るが、道路の中央部分にあった本所南割下水は昭和初期に暗渠化された。「本所南割下水」という名称は大横川の長崎橋までで、そこから横十間川までは「錦糸堀」と呼ばれた。

撮影場所:本所長岡町

撮影地:墨田区亀沢四丁目16番16号(ファミリーマート亀沢四丁目店 本所南割下水 久方橋北詰)

←012本所長崎町 014本所清水町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿