【南豊島】内藤新宿南裏町

町名:内藤新宿南裏町

読み方:ないとうしんじゅくみなみうらちょう Naitō-Shinjuku-Minami-Urachō

区分:俗称

起立:可能性としては1869(明治2)年以降

廃止:不明

冠称:「内藤新宿」

現町名:新宿区新宿四丁目

概要:内藤新宿南町の一部。明治中期の地図にはいくつか存在する。『東京新圖 : 明細改正』(1884(明治17)年、1885(明治18)年)、『東亰全圖 : 明治改正』(1887(明治20)年)等。

青梅街道に対しての裏・表かと思われるが、地図には公式名の「南町」ではなく「南裏町」「南ウラ丁」と書かれている。それぐらい通った俗称であったのかも知れない。

小字の可能性も疑うが、内藤新宿の大字の中で小字を持つのは大字内藤新宿二丁目と大字内藤新宿三丁目、大字内藤新宿北裏町のみ。それぞれ字二丁目裏、字三丁目裏、字二十五騎(江戸期俗称「二十五騎町」)といった。

撮影場所:内藤新宿南裏町

撮影地:新宿区新宿四丁目4番15号(旅舘中田家)

広島町 内藤新宿南表町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿