【南豊島】内藤新宿南表町

町名:内藤新宿南表町

読み方:ないとうしんじゅくみなみおもてちょう Naitō-Shinjuku-Minami-Omotechō

区分:俗称

起立:可能性としては1869(明治2)年以降

廃止:不明

冠称:「内藤新宿」

現町名:新宿区新宿四丁目

概要:内藤新宿南町の一部。内藤新宿南裏町と同様に俗称であったのであろうと思われる。『新撰區分東亰明細圖』(1876(明治9)年)にのみ存在。「表丁」とあり、周りに「新宿南丁」が3つ、「南丁」が1つ。かなり広大に描かれている。ここまで大きいと現在の新宿区新宿四丁目に収まらず、渋谷区代々木二丁目を浸食しており、「千駄ヶ谷八幡丁」と書かれている「全労済ホール/スペース・ゼロ」(渋谷区代々木二丁目12番10号)の手前までが内藤新宿南町の範囲となってしまっている。いくら難でもそれはない。

撮影場所:内藤新宿南表町

撮影地:新宿区新宿四丁目1番1号(新宿サウスアベニュー)

内藤新宿南裏町 内藤新宿六軒町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿