【北豊島】下谷真正寺町

町名:下谷真正寺町

読み方:したやしんしょうじちょう Shitaya-Shinshōjichō

区分:町丁

起立:1869(明治2)年

廃止:1879(明治12)年

冠称:「下谷」

後身:下谷通新町

現町名:荒川区南千住一丁目

概要:前身は下谷真正寺門前。真正寺は曹洞宗四谷天龍寺末で、1661(寛文元)年に浅草から当地へ移る。家作許可の年月は不詳であるが、東西20間3尺・南北24間2尺ほどの地。支配は町方。1749(寛延2)年3月、真正寺が類焼した際、門前町も類焼して狭められる。

前身の下谷真正寺門前として、慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、「下谷真正寺町」と改称。1872(明治5)年の戸数11・人口39(府志料)。1878(明治11)年11月2日、東京府下谷区に所属。1879(明治12)年、下谷通新町に編入となり消滅。現行の南千住一丁目のうち。

撮影場所:下谷真正寺町

撮影地:荒川区南千住一丁目56番9号(浅香質店)

小塚原新町 広町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿