【神田②】神田九軒町

町名:神田九軒町

読み方:かんだくけんちょう Kanda-Kukenchō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「神田」

後身:神田材木町

現町名:千代田区岩本町一丁目5番南東

概要:西は神田九軒町上納地、東は小伝馬上町。『備考』では、神田紺屋町三丁目代地続と近江仁正寺藩市橋氏家屋敷続の2ヶ所に代地が、神田紺屋町三丁目上納地続に上納地があった。1856(安政3)年『尾張屋板図』では下谷御成道と神田山本町代地との間にもう1つ代地があるが、1853(嘉永6)年の『近吾堂板』では同地は「御染屋敷」とある。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、神田材木町に編入となり消滅。現行の岩本町一丁目。

なお、代地はそれぞれ神田材木町岩本町神田元柳原町に編入となり消滅。現行の神田須田町二丁目、神田岩本町、外神田四丁目のうち。

撮影場所:神田九軒町

撮影地:千代田区岩本町一丁目5番8号(Harmony Residence)

神田紺屋町二丁目横町 神田三島町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目