【神田②】鎌倉横町

町名:鎌倉横町

読み方:かまくらよこちょう Kamakura-Yokochō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:なし

後身:神田鎌倉町千代田町

現町名:千代田区内神田二丁目7番東、三丁目4番の一部

概要:1856(安政3)年の地図にはある。猫屋新道の北に1箇所、礒田拝借地を挟んだ南北にも存在した。この3箇所の公称は「鎌倉横町南側代地」といったか。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、猫屋新道の北は神田新革屋町飛地とともに神田鎌倉町に編入となり消滅、礒田拝借地を挟んだ南北は千代田町に編入となり消滅。なお、鎌倉横町北側代地は龍閑町代地と合併して東龍閑町となった。

撮影場所:鎌倉横町

撮影地:千代田区内神田三丁目4番6号(広島お好み焼きBig-Pig神田カープ本店)

上佐柄木町 神田新革屋町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目