【神田②】神田新革屋町

町名:神田新革屋町

読み方:かんだしんかわやちょう Kanda-Shin-Kawayachō

区分:町丁

起立:寛文年間(1661~1672年)以前

廃止:1869(明治2)年

冠称:「神田」

後身:神田鎌倉町神田松下町旭町神田蝋燭町千代田町

現町名:千代田区鍛冶町一丁目6番東以外、3番南、内神田一~三丁目

概要:寛文年間(1661~1672年)頃には神田鎌倉町東側に既に成立。竜閑川中之橋(後の西中ノ橋)北詰に、狭いながらも両側町であった。なお、『備考』には「五ヶ所、一は今川橋西の方川筋横町、一は神田横大工町続、一は神田松下町二丁目続、一は同三丁目続、一は皆川町三丁目続」とある。別に新革屋町上納地拝借地住居蔵地(備考)、新革屋町代地(切絵図)各1ヶ所があった。今川橋の側には三河武士で、のち御用菓子司となった大久保主水の屋敷があった。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、神田鎌倉町神田松下町旭町神田蝋燭町千代田町にそれぞれに編入となり消滅。

撮影場所:神田新革屋町

撮影地:千代田区鍛冶町一丁目6番2号(フジパン神田)

鎌倉横町 龍閑町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目