【日本橋②】弥兵衛町

町名:弥兵衛町

読み方:やへえちょう Yaheichō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:なし

後身:弥生町

現町名:中央区日本橋富沢町

概要:弥生町の古名。元浜町新大坂町に囲まれた長方形の小さな町。町名は開発地主の名による。隣の新大坂町と共に里俗に「花町」と称した。町の西側の通り(現在の日本橋富沢町日本橋堀留町の間の通り)は元吉原の大門へ通じていたので「大門通り」と呼ばれていた。釘、鉄、銅物問屋の伊勢屋があった。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年の江戸町名改正により、「弥生町」と改称し消滅。詳細は弥生町を参照のこと。

撮影場所:弥兵衛町

撮影地:中央区日本橋富沢町10番1号(ユニゾ東日本橋ビル)

浜町 乗物町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目