【四谷②】元鮫河橋表町

町名:元鮫河橋表町

読み方:もとさめがはしおもてまち Moto-Samegahashi-Omotemachi

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1872(明治5)年7月

冠称:「元鮫河橋」

後身:元鮫河橋町鮫河橋谷町二丁目

現町名:新宿区若葉三丁目、南元町

概要:古くは豊島郡山中村に属し、慶長年間(1596~1615年)に伊賀組の屋敷地となり、1664(寛文4)年か1696(元禄9)年かに町奉行支配となり、「元鮫河橋表町」と称した。従来は名主の名を採って「仲殿田」を字名としていたが、「殿」の字を付すのを憚って「元鮫河橋仲町」と命名し、それより表側(東側)を「元鮫河橋表町」、南側を「元鮫河橋南町」とした。1828(文政11)年の家数185軒(町方書上)。  

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年7月、南半部は元鮫河橋仲町、槍組屋敷等の武家地、寺地と合併して元鮫河橋町に、北半部は鮫河橋谷町、寺地と合併して鮫河橋谷町二丁目に編入となり消滅。当町南側に俗に「櫓下」と称する火除地があった。

撮影場所:元鮫河橋表町

撮影地:新宿区若葉三丁目9番22号(二葉保育園)

元鮫河橋北町 千日谷表町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目