【浅草②】浅草北馬道町

町名:浅草北馬道町

読み方:あさくさきたうまみちちょう Asakusa-Kita-Umamichichō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1877(明治10)年

冠称:「浅草」

後身:浅草馬道町四・五丁目

現町名:台東区浅草二丁目31~33番

概要:浅草寺支院の門前町として1783(天明3)年に開かれたが、町名が付された年代は不詳。「矢大臣門より竹門へ出る筋をいう西側には教善院・無動院・誠心院・延命院・徳王院・吉祥院、東側には医王院・妙法院・修善院・泉蔵院・泉凌院・善龍院あり」(浅草寺志)とある。矢大臣門は現在の二天門、竹門は延命院・吉祥院・徳応院の3寺院。浅草南馬道町の北側で、浅草南馬道町東側に飛地が2ヶ所あった。料理屋・傘屋・すし屋、正直そばの勘右衛門等が住んだ。戸数73・人口334(府志料)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1877(明治10)年、浅草馬道町四・五丁目に編入となり消滅。現行の浅草二丁目31~33番。

撮影場所:浅草北馬道町

撮影地:台東区浅草二丁目32番10号(デューク浅草)

浅草三社町 浅草医王町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目