【本所②】本所新坂町

町名:本所新坂町

読み方:ほんじょしんさかちょう Honjo-Shinsakachō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1871(明治4)年

冠称:「本所」

後身:本所清水町

現町名:墨田区石原四丁目、亀沢四丁目

概要:1662(寛文2)年に市ヶ谷佐内坂町中央北側の町地が屋敷用地となり、本所竪川北岸、五ツ目通りと旅所橋の間に代地が下付され、左内坂から移転、新しく町屋が作られたので、町名も「新坂町」と唱えた。元禄年間(1688~1704年)は本所上水樋修復請負役の拝領地だった。1719(享保4)年に御用屋敷となった場所がある(文久三年版切絵図)。化政期(1804~1830年)の町地680坪・家数39軒(町方書上)。当地は現在の大横川の清平橋西詰と法恩寺橋西詰の間であって、その後に五ツ目通りと旅所橋の間から移転したものと思われる。似たような経緯の本所清水町亀戸清水町と何らかの関係があると思われるが詳細は不明。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、新坂町用屋敷を合併。1871(明治4)年に本所清水町に編入となり消滅。現行の石原四丁目、亀沢四丁目のうち。

撮影場所:本所新坂町

撮影地:墨田区石原四丁目14番3号(高橋ビル 大喜不動産)

本所北横堀町 中之郷代地町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目