【日本橋 河岸】六十間河岸

河岸名:六十間河岸

読み方:ろくじっけんがし Rokujikken-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:1928(昭和3)年

現町名:中央区日本橋小舟町

概要:『江戸切繪圖 : 俚俗 : 日本橋以北』に「○六十間河岸か」とある。西堀留川北端と東堀留川北端の間の土地がそう呼ばれていたようだ。北は堀留町一丁目、南は西に小舟町一丁目、東に堀江町一丁目と面していた。堀留町一丁目の付近は「六十間町」という俗称が1932(昭和7)年まで使われていた。

なお、西堀留川は1886(明治19)年に塩河岸付近の昭和通りから西側が埋め立てられ、1928(昭和3)年には昭和通りから日本橋川との合流点までが関東大震災の瓦礫捨て場として埋め立てられ、東堀留川は戦後の瓦礫処理等のため、1948(昭和23)年から埋立てが行われ、1949(昭和24)年には消滅してしまった。また、それより先、現在の江戸桜通りから上流部分は関東大震災で出た瓦礫処理のため、1928(昭和3)年に埋め立てられた。

撮影場所:六十間河岸

撮影地:中央区日本橋小舟町5番地7号(STビル 下田通商)

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目