【京橋 河岸】出雲町裏河岸

河岸名:出雲町裏河岸

読み方:いずもちょううらがし Izumochō-Ura-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:中央区銀座八丁目

概要:三十間堀の西豊玉河岸のうち、出雲町の裏河岸をこう呼んだ。江戸図には見えない。この河岸は出雲町だけではなく、南金六町とも接していた。『案内』の出雲町の項に「出雲町は明治二年十二月、三十間堀八丁目及び内山町を合わせ一町とす。旧時本町の東旧三十間堀八丁目辺を出雲町裏河岸と呼べり。川は三十間堀あり」とある。

撮影場所:出雲町裏河岸

撮影地:中央区銀座八丁目10番7号(支那麺はしご銀座八丁目店)

竹川町裏河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼