【本所 河岸】千歳河岸

河岸名:千歳河岸

読み方:ちとせがし Chitose-gashi

区分:河岸

成立:明治期

廃止:不明

現町名:墨田区千歳一丁目

概要:隅田川・竪川の河岸。明治期の地図にある。『大江戸今昔めぐり』では「水戸殿石揚場」とある。『明治30年本所区全図』は、竪川の川口から南側の本所千歳町の隅田川沿いを「千歳河岸」と記す。1880(明治13)年の東京府達に「本所千歳町地先、一ノ橋以西大川迄、並に大川沿いに四十九番地迄の河岸地は千歳河岸と相称候条、此旨相達候事」とある。現行の墨田区千歳一丁目のうち。

千歳河岸には千歳の渡しがあった。現・墨田区千歳一丁目と現・中央区東日本橋一丁目とを結んでいた隅田川の渡しであった。『明治30年本所区全図』は、本所区千歳町から隅田川対岸の矢之倉町へ渡し船を記して「千歳の渡」としている。また、『画報』は「千歳の渡は千歳町一ノ橋際より隅田川を横断して前岸なる日本橋区に達する渡津をいう。凡そ二町許の南位に在り、縁起を祝うもの。新年など酔後万歳を唱え此渡しより相生町へ向かうもの多しという」と記す。

撮影場所:千歳河岸

撮影地:墨田区千歳一丁目3番4号(ブラックエー)

尾上河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿