【深川 河岸】西六間堀河岸

河岸名:西六間堀河岸

読み方:にしろっけんぼりがし Nishi-Rokkembori-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:江東区常盤一丁目、新大橋三丁目、墨田区千歳三丁目

概要:江戸期から六間堀の両岸にあった河岸うちの西側。『明治29年深川区全図』では、小名木川萬年橋と高橋の間を西へ六間堀が通じ、その両岸に深川東六間堀町深川西六間堀町があり、それぞれ「東六間堀河岸」、「西六間堀河岸」と記す。また1880(明治13)年の東京府達に「深川六間堀筋、小名木川以北本所区境迄の河岸地、東岸は東六間堀河岸、西は西六間堀河岸と相称候条、此旨相達候事」とある。六間堀はのち埋め建てられた。現行の江東区新大橋三丁目、常盤一丁目と森下一丁目、常盤二丁目の境。

『大江戸今昔めぐり』では中橋から松井橋まで(“東”六間堀河岸とあるが…)、明治期の地図では猿子橋西詰南側から松井橋西詰南側まで(西“五”間堀河岸とあるが…)。

撮影場所:西六間堀河岸

撮影地:江東区新大橋三丁目2番4号(たからやビル)

東六間堀河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町