【四谷②】信濃町

町名:信濃町

読み方:しなのまち Shinanomachi

区分:俗称→消滅→町丁

起立:江戸期

廃止:1872(明治5)年

復活:1943(昭和18)年4月1日

廃止:存続

冠称:なし

後身:四谷東信濃町千駄ヶ谷西信濃町

現町名:新宿区信濃町

概要:江戸期は「信濃殿町」、「信濃原」とも称した。『備考』には、「信濃原 信濃町とも云 鮫ケ橋の接地なり 永井信濃守屋舗あるゆえの里俗名なりという」とある。1872(明治5)年、近隣の武家地を合併、現在の外苑東通りで二分され、千駄ヶ谷西信濃町四谷東信濃町となって消滅。1891(明治24)年3月18日、千駄ヶ谷西信濃町は「四谷西信濃町」と改称。

1943(昭和18)年4月1日、西信濃町平長町が合併し、信濃町が公称として復活。東京都四谷区信濃町となる。1947(昭和22)年3月15日、東京都新宿区に所属。現在に至る。

撮影場所:信濃町

撮影地:新宿区信濃町31番地(四谷郵便局)

信濃殿町 右京殿町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目