【日本橋①030】元大工町

町番号:日本橋①030

町名:元大工町

読み方:もとだいくちょう Moto-Daikuchō

区分:町丁

起立:1690(元禄3)年

廃止:1928(昭和3)年

冠称:なし

現町名:中央区八重洲一丁目4番、日本橋二丁目1・2番

概要:番匠(大工)が多く居住したため、古くは「大工町」といった。1690(元禄3)年、町の東側が御用地となり、代地を桶町南鍛冶町の間(現行の京橋二丁目)に受け、これを「南大工町」といったのに対して「元大工町」と称した(府志料)。町の南側は「元大工町新道」と称され、書物問屋・小間物問屋等があり、医師野間三筑の拝領屋敷があることから「三筑長屋(さんちくながや)」と俗称された。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、元大工町新道を合併。1872(明治5)年の戸数150・人口715(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府日本橋区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市日本橋区に所属。

1928(昭和3)年、帝都復興計画の一環により、二丁目、呉服橋二丁目に編入となり消滅。現行の八重洲一丁目4番と日本橋二丁目1・2番。

撮影場所:元大工町

撮影地:中央区八重洲一丁目4番21号(共同ビル)

←029佐内町 031新右衛門町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿