【南豊島】淀橋町

町名:淀橋町

読み方:よどばしちょう又はよどばしまち Yodobashichō or Yodobashimachi

区分:小字

起立:江戸期

廃止:「淀橋」として1970(昭和45)年3月31日

冠称:なし

現町名:新宿区西新宿二、四~六丁目

概要:青梅街道北側の柏木淀橋町は町奉行支配の江戸町であったが、南側は角筈村のうちの字としての淀橋町。

明治初年に武蔵知県事管轄地所属。明治2年2月9日(1869年3月21日)、品川県豊島郡に所属。明治4年12月5日(1872年1月14日)、東京府豊島郡に所属。

1878(明治11)年11月2日、東京府豊島郡のうち12町25村の区域をもって東京府南豊島郡が発足。東京府南豊島郡角筈村大字角筈字淀橋となる。1889(明治22)年5月1日、東京府南豊島郡柏木村、角筈村、内藤新宿添地町の一部が合併し淀橋町成立。東京府南豊島郡淀橋町大字角筈字淀橋となる。1896(明治29)年4月1日、東京府豊多摩郡が成立し、東京府豊多摩郡淀橋町大字角筈字淀橋となる。

1932(昭和7)年10月1日、東京府東京市淀橋区発足。字本村、字長町、字谷中とともに淀橋に編入となる(ここでは「町」を取り、地域を拡張したとする)。

1970(昭和45)年4月1日、住居表示の実施により、西新宿二、四~六丁目に編入となり消滅。

撮影場所:淀橋町

撮影地:新宿区西新宿六丁目12番4号(コイトビル ニッポンレンタカー西新宿営業所)

大町 長町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目