【芝②】芝伊皿子明下町

町名:芝伊皿子明下町

読み方:しばいさらごあけしたちょう Shiba-Isarago-Akeshitachō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

後身:三田四丁目

冠称:「芝」

現町名:港区三田二丁目

概要:もとは上高輪村(上高輪町)のうち。大部分が三田芝田町となり、小町なので芝伊皿子台町に付属して町用を務めた。名称の由来は不詳。1662(寛文2)年、町奉行・代官の両支配となる(備考)。1668(寛文8)年、松平主殿頭抱屋敷に囲い込みとなり、町家はなくなった。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、三田四丁目に編入となり消滅。現行の三田二丁目15号45番(嘗ては49番)と同番先の桜田通り路上にあたる。

※『角川日本地名大辞典』では「現行の三田2丁目15号49番と同番先の桜田通り路上にあたる」とあるが、実際は三田二丁目15番50、53号と慶應義塾大学西校舎の南西端。

撮影場所:芝伊皿子明下町

撮影地:港区三田二丁目15番50号(堀越整復院)

高輪北横町 芝新馬場同朋町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼