【芝②】本芝町

町名:本芝町

読み方:ほんしばちょう Honshibachō

区分:総称

起立:江戸期

廃止:明治初年

冠称:なし

現町名:港区本芝四・五丁目、芝浦一丁目、芝四丁目

概要:江戸期~明治初年の町名。豊島郡麻布領のうち。幕府領。『新編武蔵』に見える町名。『田園簿』、『元禄郷帳』、『天保郷帳』、『旧高旧領』では「柴町」、「芝町」とある。東南は江戸湾に限り、南西は芝田町に西北は三田町に、北は入間川を隔て芝金杉町に接す(新編武蔵)。『田園簿』の石高は19石余、皆畑、ほかに舟役3艘分永3貫文、『元禄郷帳』では66石余。『天保郷帳』、『旧高旧領』では69石余。地内を東海道が通るため、早くから町場化が進み、1662(寛文2)年総反別4町4反余の地が町奉行、代官両支配に属す。本芝一~四丁目、本芝材木町本芝下タ町本芝入横町に分かち、以上7か町を総称して「本芝町」と称した。『新編武蔵』には「本芝町在方分』として松平豊後守抱屋敷を記す。明治初年、総称としての本芝町は消滅。江戸期の各町は本芝一~四丁目、本芝材木町本芝下タ町本芝入横町となる。

撮影場所:本芝町(本芝四丁目)

撮影地:港区芝四丁目13番1号(港芝四郵便局)

芝金杉町 柴町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町