【神田①050】豊島町

町番号:神田①050

町名:豊島町

読み方:としまちょう Toshimachō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1965(昭和40)年6月30日

冠称:1947(昭和22)年3月15日から1965(昭和40)年6月30日まで「神田」

現町名:千代田区東神田一丁目6~11番、二丁目1~5番、岩本町三丁目

概要:古くは「トヨシマ丁」(江府名勝志)とも呼んだ。柳原土手下、新シ橋南側に江戸期から1879(明治12)年まで一~三丁目があった。1690(元禄3)年までは湯島にあった町で、湯島聖堂建設の時に収公され、もと山名禅閤等の武家地又は天岳院・修現院(寛永江戸図)等の寺地だった当地を代地として与えられた。町名は「豊島郡に豊島村があるのだから豊島町があってもよいだろう」という奉行の発案という(東京地理志料)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、元岩井町の一部を一丁目に合併。1872(明治5)年の戸数722・人口2,880(府志料)。物産は木櫛・魚油蝋燭・鼈甲細工があった(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府神田区に所属。1879(明治12)年、一~三丁目を廃した。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市神田区に所属。1934(昭和9)年、帝都復興計画の一環により、一部を東神田に編入、東龍閑町を合併。1943(昭和18)年7月1日、東京都神田区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都千代田区に所属。1953(昭和28)年、神田岩本町神田大和町神田元岩井町の一部を編入。

住居表示の実施により、1964(昭和40)年1月1日、東神田一・二丁目のそれぞれ一部に、1965(昭和40)年7月1日、岩本町三丁目に編入となり消滅。

※『角川日本地名大辞典』では「昭和40~42年に現行の東神田1~2丁目・岩本町3丁目となる」とある。

撮影場所:豊島町

撮影地:千代田区東神田一丁目7番8号(東神田フコク生命ビル)

←049東龍閑町 051江川町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿