【小石川①033】小石川久堅町

町番号:小石川①033

町名:小石川久堅町

読み方:こいしかわひさかたちょう Koishikawa-Hisakatachō

区分:町丁

起立:1869(明治2)年6月

廃止:1966(昭和41)年3月31日

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「小石川」

現町名:文京区小石川三~五丁目

概要:古くは豊島郡小石川村の内で、元和年間(1615~1624年)以後町屋を開いた。「鳥追い」と呼ばれる門廻り(有戸籍の非人)の居住地で「江戸小屋」と呼ばれる非人小屋が伝通院の西寄りにあったともいわれる。その様子は永井荷風の随筆『傅通院』に書かれている。

1869(明治2)年6月、江戸期の小石川戸崎町小石川橋戸町小石川久保町小石川宮下町飛地、小石川宗慶寺門前、小石川善仁寺門前、旗本屋敷跡等に、俚俗に「三百坂南町」、「御殿町」、「極楽水西町」と称していた所等を合併。町名は永久に栄えるようにという意(案内)。1872(明治5)年7月、常陸府中藩松平氏邸跡を合併(白山大通北町のうち、華族久松氏別邸址を併せ、ともある(文京区史))。同年の戸数189・人口557(府志料)。小石川台と本郷台に挟まれた谷間の地域で、文京区を代表する印刷業の町の1つ。

1878(明治11)年11月2日、東京府小石川区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市小石川区に所属。1891(明治24)年、小石川村の住吉の一部、鶴場の一部、極楽の一部と小石川竹早町の一部を合併。1898(明治31)年、博進社印刷工場(「博文館印刷所」と改称後、1925(大正14)年、精美堂と合併し、共同印刷株式会社となる)が開設され、博文館の『太陽』の他、少年・少女雑誌の印刷を引き受けた。『蒲団』で知られる田山花袋は1903(明治36)年頃からここで地理書の編纂に従事。1926(大正15)年の共同印刷争議を採り上げた徳永直の『太陽のない街』はその題名で坂下に中小工場が並ぶ当町の描写を集約している。また、石川啄木は1911(明治44)年に当町に移転、1912(明治45)年に若山牧水等に看取られながら息を引き取った。町内には浄土宗中台山光円寺、浄土宗吉水山宗慶寺、曹洞宗梵音山慈照院等があり、宗慶寺には極楽井があった。1943(昭和18)年7月1日、東京都小石川区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都文京区に所属。

住居表示の実施により、1964(昭和39)年8月1日に小石川三・四丁目に、残余は1966(昭和41)年4月1日に小石川五丁目に編入となり消滅。戦後造られた環状3号線の坂名は、ここに屋敷のあった松平播磨守(常陸府中・水戸家支藩)に因んで「播磨坂」と名付けられた。町の人の努力で育てられた桜並木は花の名所となり、毎年桜まつりが行われている。

撮影場所:小石川久堅町

撮影地:文京区小石川四丁目15番6号(播磨坂 東建小石川マンション)

←032小石川同心町 034小石川原町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿