【四谷②】四谷御駕籠町

町名:四谷御駕籠町

読み方:よつやおかごちょう Yotsuya-Okagochō

区分:俗称

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「四谷」

現町名:新宿区若葉一丁目

概要:江戸期の俗称地名。古くは豊島郡山中村に属し、江戸初期に伊賀組頭服部半蔵に給されたが、火災に遭って他に移った。慶長年間(1596~1615年)に寺地とされたが、1706(宝永3)年に駕籠組町屋敷として給され、2ヶ所に分けてそれぞれ俗に四谷御駕籠町、四谷仲殿町と称した(備考)。なお、千駄ヶ谷にも同名の四谷仲殿町四谷御駕町があった。

1869(明治2)年、四谷仲町の東隣に位置するのに因んで起立となった四谷東仲町に編入となり消滅。現行の若葉一丁目の一部。

撮影場所:四谷御駕籠町

撮影地:新宿区若葉一丁目22番6号(四谷グリーンコーポ)

四谷伊賀町 四谷仲殿町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目